園の紹介 園の特徴 主な活動 園の一日 年間行事 長崎 保育園:ひよこ保育園。ある日のひよこ日記 入園案内 苦情処理
長崎県 保育園:ひよこ保育園
写真館
お問い合わせ
〒851-0103
長崎市中里町1594-5
TEL : 095-838-3200
FAX : 095-838-3215
個人情報保護方針

カブトムシの幼虫が・・・
掲載日:2024-05-31 カテゴリ:全て表示 

 

去年、理事長先生(通称:お父さん先生)と虫チームさんとで捕まえたカブトムシが卵を産み、

その卵から幼虫が生まれ今日まで大切に育ててきました

 

「先生!幼虫がうんこしとる!」「土が少なくなってきたけん土を入れてあげんば可哀そう!」等・・・

毎日幼虫の観察を行い、飼育ケースが汚れている時は掃除をしたり取り組んできました

 

ある日、また土を入れ替えていると

「これ見て!え?!カブトムシ?!」とざわつく子ども達

 

 

「先生も来て!」と子ども達に呼ばれ、飼育ケースを見てみると、そこには・・・

角が生えた白い形のカブトムシが

 

 

「え~?!どういうこと?!」と驚き、目を輝かせる虫チームさん

 

「1匹だけ?他の幼虫は?」「幼虫が進化したってこと?」

「白いカブトムシの出来とる~!」色々な声が聞こえてきました!

 

 

すぐに保育士と虫チームさんとで、カブトムシの状態について調べてみる事に・・

 

幼虫から「さなぎ」に変身した事を知りました

そして、カブトムシがさなぎの状態の時は、体がまだ柔らかく幼虫と違って移動も出来ない為、「弱い」という事を学びました

 

「大切に育てんばね!」「優しくだよ!」と子ども同士で声を掛け合い始めました

 

 

虫チームではない他のお友達にもカブトムシの様子を紹介しているところです

あまり虫に興味がなかったお友達も「見せて!」「すごいね!」と歓声をあげていましたよ

 

 

白かったカブトムシ・・・

次の日見ると、茶色のカブトムシに変身していました

 

【カブトムシの蛹室について】

土を用いる事もありますが、ひよこ保育園ではオアシスを使用し作りました

他にも代用として、トイレットペーパーの芯でも出来るそうですよ

 

カブトムシが動かないように穴をあけて固定するのが重要です

 

毎日驚き&発見の連続です

虫チームをはじめ、子ども達みんなでカブトムシの観察を頑張っています

 

明日はどうなっているかな?!楽しみだね

 




<< 前の記事へ お誕生日会が行われました!

姉妹施設
障がい児通所支援施設うさぎのもり
学童保育・放課後児童クラブ 古賀キッズクラブ

園の紹介園の特徴主な活動園の一日年間行事ある日のひよこ日記入園案内苦情処理写真館お問い合わせ個人情報保護方針リンク集
 長崎 保育園:ひよこ保育園。ある日のひよこ日記ページ。 社会福祉法人陽向會 ひよこ保育園
 長崎の東長崎、矢上地域のひよこ保育園。子どもたちがもつ可能性を引き出し、導いていけるよう、ご家庭の皆様とともに子育てを行ってまいります。
 〒851-0103 長崎県長崎市中里町1594-5 TEL: 095-838-3200 FAX: 095-838-3215 URL:https://www.hiyoko1997.net

Copylight(c)2010 HIYOKO nursery school All rights reserved.